ROGAININGロゲイニング

自転車で競うのは速さだけじゃない。
スマホを使った新感覚なエリア探索サイクリング
「ライドハンターズ」

既存の大型イベント事業では、参加者の滞留エリアはメイン会場周辺に限られ域内の回遊も「イベント直後」が主になるため、地域への粘着度という意味では十分ではないケースもありました。そこで、イベントに参加してくれた方により深く地域を楽しんでもらう仕組みとして開発したのがこの「ライドハンターズ」。イベント中に必ず実質的な交流・消費行動が生まれるほか、参加者の記憶に残りやすくリピーターを生みやすい仕掛けになっています。

導入メリット・効果

  • 初心者層でも楽しめる
    速さを競うわけではないため、ママチャリやレンタサイクルでも楽しめます。
  • 実際的な交流・消費行動
    お店や名所への立ち寄りや、購買行動自体がポイントとなる仕組み。
  • SNSでの情報拡散
    スポットでは必ず「自撮り写真撮影」が必要な仕組み。参加者のSNSなどを通して地域の情報が拡散します。
  • 省エネ運営
    従来の大型イベントと比べて、事前準備の工数や当日のスタッフ稼働などが大幅に削減できます。

概要・ルール

大会側(地域側)では、ある特定のエリア内に立ち寄りスポット(50-100か所)のみを設定します。参加者はすべてのスポット情報が記載された「ハンティングMAP」を頼りに、自由なルートでエリア内のサイクリングを楽しみます。各スポットには獲得ポイントが定められており、制限時間内により多くのポイントを獲得することを目指すゲームです。

「●●でお土産を買って店主と自撮りしたら100ポイント」、「●●で激辛ラーメンを完食出来たら200ポイント」等具体的な消費行動を盛り込んだ「ミッションポイント」の設定も可能。スマホアプリ(LINE@)を使って実施します。