GUIDE TRAININGガイド養成

地域のサイクルツーリズムの原動力。
サイクリングガイドを各地で養成。

大型イベント等を開催しその土地の魅力やサイクリングコースの認知度が上がると、自然に「通年的な誘客効果」もあらわれてきます。そしてより効果的な通年的誘客を実現するためには、その土地を拠点に地域を案内してくれる「サイクリングガイド」の存在が重要になってきます。

サイクルツーリズムによる日常的、通年的な地方誘客を実現するための具体的な手段の一つとして、各地で「サイクリングガイド」の養成事業を行っています。

導入メリット・効果

  • 通年的なサイクルツーリズム施策としての人材育成
  • 定期的なガイドサイクリングの開催が可能
  • 大型イベント時には安全管理ライダーとしても活躍

特徴

地域のサイクリングガイドの入門編「TDN エスコートライダー」養成プログラムを、一般社団法人日本サイクリングガイド協会監修・協力のもと開発しました。2.5日間で完結する、連続性・一貫性のある実践的なプログラムです。

カリキュラム例

1日目(座学:3時間程度)
  • 交通法規と実際コースへの応用
  • 集団走行のルールとサイン
  • 地域案内/紹介基礎
  • トラブル対応ケーススタディ
2日目(実走:終日)
  • ペースコントロール
  • コース誘導判断指示ケーススタディ
  • 体調・機材管理
  • 集合時アイスブレイク/ブリーフィング/休憩地点でのマネジメント
  • トラブル対応の実践(メカ/救護)
3日目(実走:終日)
  • お客様を帯同するガイドサイクリングでの実習
  • プロガイドの監督のもとグループサイクリングを体験
  • 集合~解散まで一通りの実務体験