PROFILE代表プロフィール

中島 祥元

企業理念 「日本にスポーツを根づかせる」

「初めてロングライドを走り終えた時の何とも言えない爽快な気持ち」、「オフェンスリバウンドをもぎ取った時に思わず出る言葉にならない叫び」、「旅先でのランニング中、地元のおばちゃんに話しかけられてなんだか心がほっこりする感じ」etc…

日頃私たちが、何か素晴らしいものに触れた時に感じることのできる「身震いするほど気持ちいい、言葉に表すことのできない感覚」。私たちはその感覚をいつかまた味わえることを、先天的にそして経験的に知っているからこそ、人生を前向きに生きていくことができます。そしてスポーツは、そのような「素晴らしい感覚」をこの世界に生み出すことのできる最上位ツールの一つであると考えています。

スポーツを通して感じられる楽しさや喜び、達成感や爽快感、感動、熱狂と興奮、感謝や充実感・・etc。これら全部をひっくるめた「素晴らしい感覚」をこの国にもっとずっと増やし続けていきたい。
創業時から変わらない私たちの基本的な考えであり企業理念です。

そして2019年2月には創業10周年を迎え、新たなミッションとして「心まで動かせ」という言葉を選びました。これは数あるスポーツビジネスの中でも、「スポーツツーリズム」・「スポーツ×地域活性化」といった事業領域に集中して、そして成長を続けたいという意思表示に他なりません。

スポーツをして体を動かす機会をつくること。
スポーツを通して都市部や海外から日本中に人を動かすこと。
スポーツをする人・支える人・受け入れる地域の人たち、みんなの心を良い方向へ動かすこと。
そして人を、地方を、日本を元気にしていくこと。

ここからの(少なくとも)数年間は、「心まで動かせ」というミッションにフルコミットして事業を展開していきます。
今後とも皆様のご支援のほど、何とぞよろしくお願いいたします。

2019年1月
株式会社ルーツ・スポーツ・ジャパン
代表取締役 中島 祥元

代表者略歴

中島 祥元 (nakashima yoshimoto)

1976年富山県高岡市生まれ。
早稲田大学人間科学部スポーツ科学科を卒業後、スポーツ関連ベンチャーの立ち上げに参加、のちに取締役を務める。 UCI(国際自転車競技連合)主管の国際大会のオーガナイズに参画。
2009年株式会社ルーツ・スポーツ・ジャパンを設立、2012年一般社団法人ウィズスポ(現一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン)を設立し両法人の代表。
これまでにプロデューサーとして、自転車、ランニングを中心とした大小様々なスポーツイベントの立ち上げから企画運営、スポーツによる町おこし・地域活性化事業、公共スポーツ施設の事業開発等に従事。スポーツツーリズムやサイクルツーリズムの分野では官公庁の行政委員も多数務める。

講演・登壇実績

2019年 サイクルツーリズムセミナー(スポーツ庁):基調講演
2018年 しまなみサイクリングサミット(愛媛県庁):事例紹介
2018年 第6回スポーツツーリズム・コンベンションin佐賀(日本スポーツツーリズム推進機構):分科会パネルディスカッション
2017年 BICYCLE CITY EXPO 2017:事例紹介
2016年 講演会(三重県庁):講演
他多数

行政委員等

2019年 自転車活用推進官民連携協議会 委員(国土交通省自転車活用推進本部)
2019年 いばらき自転車活用推進計画(案)策定員会 委員(茨城県庁)
2018・2019年 スポーツツーリズム需要拡大のための官民連携協議会 委員(スポーツ庁)
2018・2019年 沖縄県スポーツツーリズム戦略推進事業 委員(沖縄県庁)
2018年~ とやまふるさと大使(富山県庁)
2015・2016年 氷見市スポーツ推進計画策定委員会 委員(氷見市)
2015年 かすみがうら市まち・ひと・しごと創生有識者会議 委員(かすみがうら市)
他多数