「スポーツを通じて人がつながっていくこと」それが一番のやりがい
飯田 速人

IIDA HAYATO飯田 速人

スポーツを仕事にしたいという想いのもと、順天堂大学でスポーツビジネスを学びつつ、インターンなどでスポーツの現場を経験。「スポーツイベント×地域活性化」というキーワードに惹かれ、インターン先の一つだった当社に新卒で入社。現在は主にレースの計測担当、各案件のイベントディレクターとして邁進。RSJの“末っ子”キャラ。

スポーツを通じた地域貢献を体感できる価値

僕は小学生からずっとサッカーをしてきました。プロになるという選択肢はなかったですが、スポーツの仕事がしたいなと高校を卒業するころから考えていました。そのため、大学はスポーツのことを学べる順天堂大学へ入学を決め、「自分がスポーツの何をしたいのか?」ということを、勉強を通じて考えていたんです。その中でも特に興味を惹かれたのが「スポーツツーリズム」。スポーツも好きだし、旅行も好きな僕にとってはとても合っているなと感じました。

スポーツ系企業でインターンシップができるところを探している時に出会ったのがルーツ・スポーツ・ジャパンです。弊社では、自転車やランニングイベントを通じて「地域貢献」をしていて、そんな取り組みをしているところにもとても興味を持ち、インターンシップに取り組みました。実際にインターンシップをしてみると、社員の皆さんの人柄の良さや、実際に「スポーツを通じた地域貢献」を体感しその価値に触れることができ、このルーツ・スポーツ・ジャパンへの入社を決めました。

自分の想いを伝え、信頼関係を築いていく

メインの業務は、イベントディレクターをやっています。イベントの組み立て・設計・管理・統括などをしていて、プロジェクトマネージャー的な動きをしています。主に担当しているのは、「志賀高原ロングライド」「スタジアムエンデューロinECOPA」。主催・共催型なのか、単独主催型なのか、と座組みが異なるイベントなので、どちらも経験できているのがとてもいいなと思っています。

また富士山で開催するイベントがあるのですが、それは地域の方々と一緒につくりあげていきます。準備はとても大変なのですが、当日を迎えると参加者の方や地域の方がとても喜んでくれるんですよ。そして、参加者と地域の方々の交流が生まれています。僕らが開催するイベントで人が繋がっていくこと、これが一番やりがいを感じるポイントですね。

他にも地域と共同主催でイベントを実施することがあります。これはただの受託ではなく一緒につくりあげていくものになるので、それをベストのものにしていくために「地域を一緒に盛り上げたい!」という想いを伝えるようにしています。一緒につくっていく以上、信頼を築いていく必要があるので、直接会ってしっかり伝えていくことも強く意識しています。

ルーツ・スポーツ・ジャパンは、成長と感動を味わえる場所

社内では「優しすぎる」と言われていました。相手の意見に対しては「そうですね」と言ってしまうし、こちらからの提案は優しく伝えるようにしているスタンスだったんです。そうではなく、「イベントを良くしていくため」に必要なことをやらないといけない、それが時には強引に進めていく必要があったり、しっかり意見を聞いて駆け引きのようなことが必要になったりする。そう意識して仕事に取り組むようになったことで、うまく回り始めた感覚があります。自分が担当だという意識を持つことで、仕事への姿勢や結果が変わっていきました。

また、ターニングポイントは他にもあります。「富士山ロングライド」というイベントの仕事が初めてしっかりと入ったイベントでした。一から全部やるという経験が初めてな上に、繁忙期のため準備期間はとても忙しいものでした。実際無事にイベントが終了した後、「飯田くん、やってよかったね!また来年もやろう!」と、一緒に仕事してくれた方々にいってもらえたのはとても嬉しくて、強く印象に残っています。後日記録写真を見ている時に、実感が湧いて達成感を感じて、とても感慨深くなりましたね。「もっとこのようなイベントをやっていきたい」と思えた、僕にとってとても大切な経験でした。